MacOS 10.11 El Capitan

0
contrail

リリース当初はここ近年のMacOSの酷評を忘れさせそうなほど、
なかなかの高評価でスタートを切ったMacOS 10.11 El Capitanだったんだけどね〜。
すぐにOfficeのクラッシュやMailの不具合などでつまづいた感は否めない(汗)。

んが、それもMacOS 10.11.1のアップデートで
あるていど不具合は落ち着いてきた感がしてきたので、
早速、El Capitanをクリーンインストールしてみました〜♪
1から設定ってのは確かに面倒なんだけどね…(汗)、
それでも、やっぱりOSはクリーンインストールに限ります。

んで、El Capitanにアップデートした初めの印象なんだけど、
驚くほどにYosemiteとの変化が分からない… です。
まぁ、今回はYosemiteのブラッシュアップ版的な位置づけなので
表面的なことよりも内部がしっかりと軽く速く、
そして安定感が増していればOKだし、望んでさえいるんだけどね。

その他、El Capitanの使用感をざーっと箇条書きすると…

  • Yosemiteの時とは違い「どこでもMyMac」はすぐ繋がった。
  • メモ帳はかなり便利に進化していい感じ♪
  • ヒラギノのフォントが増えた♪
  • 残念ながら驚くほどOSが速くなったとは感じない。
  • むしろFinderが少し引っかかる時があるような…(気のせい?)
  • Mailの迷惑フィルターがザルになったような…(気のせい?)
  • /usr/bin 以下が使えなくなったのが地味に痛い。
  • Web共有はYosemiteの時と同じ設定でApacheが起動してくれました。
  • ライブ変換はまだまだ発展途上でこれは最初の1歩かな。

続いて使ってるアプリで気になったのは…

Acrobat X Pro(CS6)のインストールに失敗するも
再起動後にチャレンジするとインストールできました〜。

Coda2.5のクリップを選択すると必ずアプリがフリーズ(涙)。
Time Machineからライブラリ内にあるCodaに関する設定を復活させ、
El Capitanのライブラリ内に入れてあげたら問題は解決。

PhotoshopとIllustratorのCS6は起動でき
自分の使用の範囲では今のところ不具合なく使えていますよ。
もちろん全ての機能を検証したわけじゃないけどね(汗)。
ただ、Photoshopのツールパレットでクリックを長押しすると
関連する他のパレットアイコンが出てくるのだけど、反応がかなり鈍い(涙)。

Parallelsも一部の機能が使えないってコトだけど、
Parallels 10どころか9でもWindowsは起動できましたよ〜♪
ただ、自分の使用目的がブラウザの検証程度な話しなので、
ガシガシと使い込むとどーなのかは不明ですね…。

さて、まとめると…

メモ帳でiOSとの同期が必要でないなら、
バグ修正の後半で安定してきてるYosemiteのままでOKかも。
パフォーマンスに関しての期待はほどほどに(苦笑)。

まぁ、adobe CS6をまだまだ数年は使おうと思ってるので、
CS6で必須のJava 6をサポートする最後のMac OSとして長い付き合いになるし、
これからのバグ修正と機能のブラッシュアップで
近年最高のMac OSになるコトをひっそり願ってます(笑)。

RELATED ITEMs
MX500(2.5inch 内蔵SSD)
MX500(2.5inch 内蔵SSD)

Crucial( 2018.1 )

amazon
0

RELATED POSTs

SELECT ITEMs [ AMAZON ]

COMMENTs 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です
・htmlタグは使えません
・URLは無効となります
・name と comment( * )は必須です