MacOS 拡張フォーマットのボリュームおよびファイル制限

0
contrail

今年に入ってHDDは8TBが一般市場で発売され、
SSDは人気のCrucial MX100の後継機なMX200やBX100が登場し、
HDDとSSDの両方で賑わっていますね〜。
これで円安じゃなければ… って、つくづく思うよ(涙)。

つーわけで、HDD 8TBでもSSDでもなく、
WDのHDD 6TBを購入してみました〜(笑)。

昔は仕事のデータをせっせとCD-Rに焼いていたんだけどね…。
HDDの大容量化でHDD + バックアップって環境にしてからは
楽なんだけど… 数年ごとに容量UPのサイクルにハマってしまい(苦笑)。

んで、HDDを購入して届くまでにフッと思ったのが、
MacOSのHDDの認識容量はどーなってんだろう、と?
確か使っているMacPro(2008)の技術仕様には、
ドライブの項目に「最大4TBの内部記憶装置を搭載可能」と書いてあったはず…。

ただ、HDDの認識はOSのような気もするから、
各MacOSのボリューム制限を調べてみたら…

  • MacOS 10.0 〜 10.1.5:2TB
  • MacOS 10.2 〜 10.2.8:8TB
  • MacOS 10.3 〜 10.5.2:16TB
  • MacOS 10.5.3以降 〜:8EB
  • 最大ボリューム数:制限なし
  • フォルダ内の最大ファイル:最大 21億

MacPro(2008)の搭載OSがMacOS 10.5 Leopardだったので、
OS的制限な16TBをHDDドライブベイ数の4で割って「最大4TB」だったのかな?

ちなみに今はMacOS 10.8.5なので、
とりあえず問題もなくHDD 6TBを認識してくれましたよー♪

RELATED ITEMs
MX200 2.5inch 内蔵SSD
MX200 2.5inch 内蔵SSD

Crucial( 2015.1 )

amazon
0

RELATED POSTs

SELECT ITEMs [ AMAZON ]

COMMENTs 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です
・htmlタグは使えません
・URLは無効となります
・name と comment( * )は必須です